費用対効果の考慮も欠かせない

安かろう悪かろうではアウト

法人向けパソコンを導入するときにいかに低コストにするかを考えることはよくあります。大量に安いパソコンを契約できれば確かに良いと考えられますが、安かろう悪かろうになってしまっては意味がありません。費用対効果を考えて導入するパソコンのスペックと、契約する業者を選定するようにしましょう。特に業務上必要なスペックがないパソコンを導入してしまうと業務効率が上がりません。外勤が多い場合にはノートパソコンやタブレットも検討する必要があるでしょう。業務としてどのようなものが挙げられるかをよく考え、必要十分なスペックのパソコンを選び出すように心がけるのが肝心です。ハイスペックだと高くなるのでどの程度が無難かをよく考えましょう。

サービス面も重要になる

同じパソコンを導入する場合でもどの業者に依頼するかによって費用対効果が違います。費用面でもわずかに違いが生じることが多いですが、それ以上に大きいのは付帯サービスの違いです。導入したときに使用方法について説明を受けられるサービスがある業者もあり、社内で説明会を開けるような人材が見つからないときには重要なものになるでしょう。また、保守やトラブルシューティングに関してもどこまで対応してくれるかは業者によってかなり違っています。サービス面も考慮して、やはり必要十分な範囲でサービスを提供してくれる業者を選定するのが費用対効果を上げるには欠かせません。安易に選んで後悔してしまわないように十分に比較しましょう。

© Copyright Corporate PCs Installation. All Rights Reserved.